高額請求メール

安易に支払わない

きちんと支払うべきかどうかは確認をするようにしましょう。

支払先を調べよう

インターネットに詳しくない人が騙されてしまいがちなのが高額請求メールです。

今の時代はインターネット上で何でも利用できてしまう便利な世の中です。オンラインゲームでみんなと楽しんだり、予約をしたり、インターネット上で海外の人とも取引を行うことだって簡単です。

インターネットの無い時代に戻れるのか?って言ったら誰もが嫌だというほど便利な世の中になりました。

しかし、インターネットを普段携わる仕事に就いていない人もいますよね。普段はインターネットのゲームアプリでしか利用していないという人もいます。

特にご年配の方は携帯を持っていない人もいるわけです。あまりインターネットに詳しくない人たちでも出会い系サイトを利用したいという人もいるわけです。

そんな方々を料金を請求したりするのが高額請求メールです。

いきなり見出しのタイトルから最後通告!とか強制徴収!!などの見ただけでドキッとするような文字で書かれていて中を開いたら難しい文字で長い文章が書かれています。

インターネットに詳しくない人は不安で仕方がないと思いますし、ご年配の方はついつい支払い請求が来たら払わなくてはいけないと思って支払いをしてしまうかもしれませんが、払ってしまったらそれから何度も請求メールが届くようになりますので気をつけましょう。

まずは身に覚えのないものに対して簡単に支払ってはいけません。

まず名指しで書かれているかを確認しましょう。書かれていないものは支払いをする必要はありません。

どうしても不安ならばメールの最後のほうに支払先が書かれているのでインターネットで調べたり国民生活センターなどに相談をしましょう。

安易に払うようなことだけはしてはいけません。

おすすめ商品

PCMAX

TVで紹介された優良サイト

YYC

大手企業が運営で安心感抜群!

ワクワクメール

女性向けのコンテンツが豊富!

↑ PAGE TOP